カメだって全速力

運転の面白さに気がついてしまったシュフの、クルマと日常とスクールでの出来事を綴ります。

Tu-yu

f:id:mamogame:20170608134816j:imageIt's a rainy season.

 

昨年の梅雨の終わりだったか

f:id:mamogame:20170608140046j:image滝雨の中を東へ

f:id:mamogame:20170608140234j:imageフジのP2は川みたい。

 

この時はオーバルスクールだった。

普通タイヤ万歳(笑)

雨の時は細めのタイヤで空気圧は低め。

 

走りかたを習う前、雨をナメていて、すり鉢な交差点の右折でひとまわりしたことがある。

田舎道で砂を拾ってひとまわり、もある。

笑い話で済んで良かったから、笑うといてください。

シロウトさんには、幅広タイヤの車はハードルが高かった。

どっちも速度はあまり出ていなかったが、ステアリングだけで回るには無理があったか。

操作が悪いと簡単に回ると知った。

 

 

晴天の時だったけれど、オーバルでリードフォローについて行ってコーナーの出口で回ったことがある。

その時知った。

 

ついていこうと頑張ったから回るのでなく、車を落ち着かせる努力をしなかったから回った。

自分のいつもよりも速いリードフォロー。

車を落ち着かせる術は習っているはずなのに。

頑張ったのでなく、サボった。

回るってそういうことだ。

速いリードフォローにはついていく努力は確かに大事だけど、回りきる自信、目算がなければ、速度を下げるべきか。

自分より速いペースについていくには何をするのか、操作の時間軸の整理が必要なんだ。

 

 

同乗の助手席はちょっとピリピリする。

スリップアングルなのか、スライドなのか、大丈夫な状況ってわかっているのに尻がソワソワする(笑)

ステアリング握ってるとそれほどでもない。

単純にスリップもそれほどでもないか、スリップアングル出てないからか!(笑)

 

スリップは有りで、スライドはダメって、ポールおじさんの難しい本に書いてあった気がします。