カメだって全速力

運転の面白さに気がついてしまったシュフの、クルマと日常とスクールでの出来事を綴ります。

ばあちゃんと犬

 

f:id:mamogame:20170704161323j:image

 

半身付随の母の横で一緒に寝るのが大好きな我が家の犬。

実は父母の部屋には猫がいます。

過去に何度か、知らないうちに犬がキャットフードをキレイに食べてしまったことがあります。

 

しかし、先日、母に蒸しパンを食べさせてあげた残りを片付け忘れたまま、犬を部屋に入れてしまいました。

しばらくして母のところに戻って…あ…

 

半分残っていた蒸しパンは跡形もなく、母のメガネが外れて枕元に。

やられたぁ〜

パンに到達するために、ばあちゃんの顔を踏んづけた可能性すらある(−_−;)

 

「あんた、ばあちゃんのパン食べたの?」

片付け忘れた自分のミスなので、怒っても仕方がない。一応そうやって優しく犬に聞いてみるけれど、答えるわけもなく。

 

「お母さん、〇〇ーがパン食べた?」

これまたほとんど問いかけに答えない母に冗談で聞いてみる。

細かい脳梗塞が進み、脳血管性の認知症

子供のような瞳で周りの会話を聞き、すごく単純な冗談とか変顔に「フフッ」と笑うのみの日々。

なのに!

 

「いや、わたしおぼえとらへん」

 

日頃聞かないようなハッキリした語り口で返事が返って来ました。

 

普段ほとんど喋らない、喋ってもゆーっくりしか喋らない母が、慌てたようにそう言ったのです。

 

内心ものすごくびっくりしたのですが、後になって、もう可笑しくて仕方がなくなって来ました。

ばあちゃん、完全に犬をかばっています。

 

以前父から聞いたのですが、時々、お医者さんで、介護認定のためとか、症状の把握のために、今日の日にちなどの簡単な質問をされるそうなのですが、看護婦さんと先生で、母の対応が全く違うんだそうです。

先生の時は自身の全能力を使って、普段しないようなしっかりした対応をするそうです。

その代わり、その後がぐったりするらしいのですね。

本人が今が正念場と思った時は、フラッシュ的に対応できるんですね。

 

かばってもらった犬は幸せ者です。

 

しかし笑えた。

 

絶対なんか知ってるやろ…っていう

「おぼえとらへん」

ひとりで腹がよじれるくらい大笑いしました。