カメだって全速力

運転の面白さに気がついてしまったシュフの、クルマと日常とスクールでの出来事を綴ります。

酔狂かもしれませんが

先日、運転中にどこかで見た後ろ姿だなあと思ったら、E46 318後期型のクーペ。

白でした。エンジンは違いますが…
実は自分の318探す時、最初は白を狙っていたのですが、途中で方針変更してシルバーに。
私には白はなんとなく眩しすぎました。
でも、白は好きです。

 先々回より書いております、ヴイッツチャレンジをはじめたのには、2、3理由があります。

 これから先数年は、車趣味への資金が本格的にない、という話になったら、減車か車趣味を止めることになりますが、

スポーツ走行を諦めるのか?と考えた時に、そこまで差し迫った時に、走れるなら車はなんでも良いなと思いました。

できるだけそうならないように頑張るつもりですが、

ヴイッツか318かどちらかを取ることになったら、私はヴイッツを取ります。
 もしくは、2台とも手放してATの安い車を買います。
子供達がMT乗らない可能性が高いので、2台維持できないなら仕方がない。

 

 

 我が家ヴイッツは、元オーナーの父が高速ベースで使って来た車で、我々も管理には気を使って来たので、19万キロでも調子は悪くないです。
他のATを探してくることにはならない可能性のほうが高いです。
そもそも、車を買うのは、どんな安い車でも最低限かかりますし、安い車には理由があります。自分の場合なら、初期投資の分も含めたら、結局今あるものを直した方が経済的となるでしょうね…

そうやって、幾つもの妄想がしぼんで行きました(笑)

 まあ、自分は、この経済状態が一生続くわけではなかろうと信じて、せっかくこだわりがないのだから、使えるものを使い倒して遊んでみようと思ったわけです。

そんだけ精一杯やって、どうしてもダメなら、はしらなくてもやれることもあるし、そのためにも今少しでもうまくなりたいです。

 

 

 

 

 車趣味に、好みはつきものだと思っています。車趣味は文化でもあるなと思っていて、私はその部分では特に知らないことだらけ。
特にこだわりがない、と言えば格好がつくのかもしれませんが、実を言うと知らないからこだわりがないのかも知れません。

 

好みがないわけではないが、こんだけ頑張っていて、こだわりがないのも、内心かなり寂しい。時々それで泣けてくるくらい悲しいと思うこともあります。

でも、自分に問い直すと今のところこだわりがない。正常に動くことが1番嬉しい。


でも、そういうことなんだと思います。
好みがある人は羨ましいし、それは人それぞれですよね。みんながコースインしたらルール守って精一杯走ります。それだけでいいような気がするんです。
その人にとって必要なもののために一生懸命ならそれで良いと思います。

かかる金額もかけられる金額も違うから。
結果は必ず自分に返って来るし、腕と車と目標のバランスが最も大事で最も難しいと思います。

今私には自分のそれがあんまりわからない。すごく不安ですし、足場がない感じがします。でも、やりたいなら経験を積むしかないことですから…。

 

 


ユイレーシングスクールに行くと、すごい車もたくさん来ますが、普通の車、ワゴンとか軽も来る時は来ます。
主催者からも、なんでも来いと公言されています。
車が遅くても、受け入れてくれる空気があります。


かっこいい車、ポテンシャルの高い車も良いなと思うし憧れます。
どうしようもなく心がざわつく時もあります。

その反面、普通の車でサーキット走る人がいても面白いとも、思うんですよね。
車にかけるお金が少ないからと諦める前に、最低限の装備でお金をかけずに細々と続けるという選択肢を実現できないかと。
将来ピッコロ車ばっかり集まるカテゴリがあっても面白いと思いますしね。

ピッコロで腕を磨いて、いつか好きな車を買うぞ!って頑張れば、きっと将来、スンバラシイ車に出会えるのでは?
そんな野望(笑)

もちろん、車にしろ、パーツにしろ、良いものは良いです。私だって少しは投資してみたこともあるので、良さはわかります。
高次元のバランスもあるだろうし、普通のバランスもあるのだろうと思います。

いろいろあるから面白くて、それが混走でもある程度お互いに向上を望めるというのは自分にとっては吉報でした。

 

 

ブログ開設以来、かなりハイペースで飛ばしてきましたが、そろそろ落ち着こうと思っています。もう少し淡々と、出来事を綴っていこうと思います。

毎度毎度長い文章にお付き合い頂きまして、感謝しています。

ありがとうございます。