カメだって全速力

このブログの続きは、カメだって全速力第2章「る〜さんと駆ける」(mamogame.hatenadiary.com)に移行しています。リンクからどうぞ

憧れのクルマ

Tipoカレンダーより

f:id:mamogame:20170507093859j:image

最近、夢の車はスーパーセブン、と言うことにしている。実際に言う場所はあまりないけどね。

 一番最初にユイレーシングスクールに参加したのが2年前の6月。

一番最初にスラロームを走ったのだけど、前を行くのがスーパーセブンだった。

実はその少し前から気になる車ではあって、その時に一気に憧れの車ナンバーワンになった。

運転のコツを掴めば、ダイレクトな車はそうでない車よりも楽しさ倍増に違いない。

  ただ、以前に車好きの人が集まるイベントに参加して、実際のオーナーの話を聞いていて、ひとつ気がついたことがある。

 ブレーキを踏む力を踏力(とうりょく)と言うけれど、今の車は当然そこにもパワーアシストがついている。セブンにはそれがないだろうな。

ステアリングにアシストがないことは考えていたけれど、そこを忘れていた。

  セブンは普通の乗用車に比べて着座位置が低い。ドライバーの運転姿勢も違う。寝ると言ったら違うのかもしれないけれど…

果たしてその状態でクルマを満足に乗りこなせるか。

俄然、素ったの軽トラが現実的に思えてくる。

(笑)

 

子供が巣立つまであと数年、身体鍛える余裕はできるだろうか。

これからの若い人が経済的にどういう状況になるのか、私は世間知らずなのではっきりしない。 

ただなんとなく、今までのような核家族と言うよりは、ジジババが幼子の面倒を見ながら夫婦が共働き、が増えるような気がしている。

それ自体は私は賛成派なので、そうなったら努める。

しかし、私の将来に今以上の自由時間なんてあるのか?

これからまだ二人看取らなきゃいけないのに。

 

だからこそ、移動時間のクルマの運転が楽しいってのはものすごく大事。

どんなクルマに乗っても楽しむ気持ちを忘れたくない。

 

f:id:mamogame:20170507101808j:image

 

若い頃からのあこがれのクルマ(写真はネット上から拝借)。

アウトビアンキA112。

元年式ロードスターでアタフタしながら田舎道を走っていた時、よくすれ違った。

 

もう一つはジュリア(いろいろ種類はあるみたいだけど、私はGTAの方が好きです)。

アルファのジュリアがサーキットで全開で走る動画を見て憧れた時に、ひょっとしたら、サーキット走ってみたいと、心のどこかで思ったのかもしれない。今の車ではあまり聞かない音だったような気がする。

アルファロメオも155の8Vと146ti両方経験があるけど、音はどノーマルだけど155の方が好きだったな。

アルファは車内音が好き。

156は後部座席がたまらない。

 

そういえば、ユイに通うようになって、カーステレオをスクールの間のラジオ受信以外は使わなくなった。

御殿場まで4時間弱も、別に飽きない。

特にそうするべきとか、そうでないと、なんて思わないけれど、なんとなくそうなった。

手前味噌やけど、BMWE46のSOHC最終形、4気筒でもバカにできない。小さな菩薩様が出るのです。

 

 

 

広告を非表示にする