カメだって全速力

運転の面白さに気がついてしまったシュフの、クルマと日常とスクールでの出来事を綴ります。

またひとつ謎が解けた

f:id:mamogame:20170625221024j:image

フジからの最短帰宅記録更新です。

スクールでほぼ100キロ走り、メーターリセットして帰路256キロ走って帰ったら、シンクが弁当の容器で埋まってました(笑)

いつもじゃないですよ。

 

ユイ通いを始めて2年経ちました。

帰って来て、家族のいろんなものを受け止め、

洗い物をして、まだブログ記入している自分に驚いています。

あゆみは鈍いですが、速くなってはいます。

と同時に、車も傷まなくなり、燃費も良くなっています。

教えられている通りの事が起きているのですが、なんだか気がつくたびに驚きます。

 

今回は、自分のコーナリングスピードが遅い理由、師匠の後ろをついて走った時に、同じ線上を走っているようで、ロールの仕方、大事なところの軌跡が違う理由が、やっぱりそういうことかもしれないな…と思い当たりました。

スタッフさんの指導のもと、あるポイント(ブレーキング)の修正をかけ、そのためにコーナリングの作業のプロセスをもう一度整理したら、ロールが増え、コーナリングスピードが上がりました。

Gはかかって来ますが、車の動きは軽くなり、スロットルを開け始める時間が早くなります。

余裕ができて、他の見直しポイントにも着手、キンクがどうしても全開にできなかった(車の向きが悪いのでそれ以上踏んでも車を苦しめ無駄と感じる)のが、スロットルがすいいいっと入る。

もう長いこと、 もっと行けると言われても、どうしても右足が嫌がって全開にできなかった理由がわかりました。

どうしたら良いかわからなくて、それ以前の問題もあったので…

 

他にも、ずっと引っかかっていた、ずっとスッキリしなかったコーナー侵入の謎が解けました。

 

まだ余裕が残っていました。

限界まで余裕があります。

まだまだ見直しポイントもあります。

嬉しい。

ホッとしました。

 

 

 

 

 

 

 

思いがけずかき氷

f:id:mamogame:20170624210115j:image

先日、いろいろあって、山奥で1人、3時間待ち時間ができた。

新しいことを始めるときは大体こういうのはつきものです。

そういうときはきっと最後は成功する、と思って諦めないように落ち着くようにする。

 

しかし、うーん…その場で待つには長すぎる…

ふと思い出した、来る途中のかき氷屋さん。

よし、行ってみよう(笑)

 

オープン2日目!本当にかき氷だけのお店。

10月までの5ヶ月だけやっているらしい。

f:id:mamogame:20170624210654j:image

ほうじ茶ラテを注文。

氷の中にアイスが仕込まれていて、最後の方の溶けて来たくらいが一番美味しかった。

 

他のお客さんがみんな地元民というのもなかなか面白くて。

 

その日は暑かったけれど、涼しくなって、アットホームな気持ちになって、良かったですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、測量だ!

 今週末は忙しくなりそうです。

スクール参加やらいろいろです。

天気予報が日を追うごとに変わっていて、だんだん悪い方へ傾いているような。

天然スキッド♪

タイヤへらな〜い♪

(内心は、間違えて買った中古のランフラットを早く減らしたい(-_-;)

 

 道中の雨も大変ですが、2月の夜に融雪剤散布車の少し後ろを走ったのに勝るものないだろうと思います。

その日の深夜に降雪が予想されていたらしく、御殿場の東名との合流あたりから、突然プチ渋滞になり、融雪剤散布中…ナンジャコリャ…

 前方に散布車が…

パチパチパチパチ…融雪剤が飛んできます

マジかー!

 

通れなくなるよりは良いが…

塩分…

しおー…

とにかく宿に着いて

翌日よがあけたら、

車うっすら白い…

雪じゃない…

マジかー…(T . T)

融雪剤浴びてるー

フジへの道は部分的に凍ってるー

 

 

 てなこともありました。

普通タイヤだし、走り方習ってることの成果が出るんですけどね。

だからキャンセルもよっぽどでないと、しなくてすみます。

 

 

余談が過ぎました。

例の東海地区で練習会を、の企画は、後日候補地の測量に行きます。

そんなんやるなら行きたい、という声もあり、後はその場所で、どういうことができるか、というところを、測量してプランを立てて、講師をお願いする方にお伺いを立ててみようというところに来ています。

そこが一番大事なので、まだ決定にはなりません。

良いプランが立てられたら、いよいよ日程というところです。

まだまだ足元がおぼつきませんが、少しずつ進めています。

 

 

 

オラぁ…たまげた。

f:id:mamogame:20170619145640j:image

f:id:mamogame:20170619145649j:image

 

本日、息子に頼まれていた物を探しつつ、自分もTシャツが欲しくてウロウロ。

そして、会計時にビックリ。

セルフ化が始まっていました。

 

レジ台の下の扉の中に、ハンガーを外して入れるだけで、全て読み取るらしいです。

後はお金を払い、セルフで袋に入れて終了。

 

なんか…ア然。

タグをボックス内で読み取れれば、確かに可能ですね。

ルフレジ自体は食品で慣れてるし、袋詰めもボケーっと待ってるよりよし。

 

「人手不足」と「機械化で人の仕事がなくなる」両方聞きます。

なんだか矛盾しますが、両方本当なんでしょうね…

 

 

朝露とリンゴ

f:id:mamogame:20170619054213j:image

f:id:mamogame:20170619054229j:image

 

早起きしたけど、今日はお弁当作らなくて良いのでした。ふと、外へ出てみます。

霧ですね。

今日はまだ少ないと言うか普通の量。

5年前に名古屋から引っ越して来て、最初に思ったのは風が吹く土地。

次に思ったのは早朝の霧がしょっちゅう。

空気中に水分が多いんだな、と。

車がしょっちゅう朝露で濡れています。

写真の方角にため池がありますし、海も近い。

 

夏は特に、常滑に来た事を感謝します。

夕方には、自然に多少暑さが和らぎます。

土と水と樹木の力ですね。

前の住処では、アスファルトとコンクリートの熱が夕方になっても冷めなかったですね。

 

土日はいろいろ頭を捻ることがありました。

今のうちに整理しておきたいことがあって、家族の用事にも付き合いながら、スマホと向き合う。

じっとしていても何も始まらないからね!

 

そして、去年?一昨年?あたりからこの時期に見るようになった、ニュージーランド産のリンゴ。

f:id:mamogame:20170619060909j:image

やすくはないので、たまにしか買いませんが…

 結構美味しいです。

姫林檎くらいの大きさです。

 

酔狂かもしれませんが

先日、運転中にどこかで見た後ろ姿だなあと思ったら、E46 318後期型のクーペ。

白でした。エンジンは違いますが…
実は自分の318探す時、最初は白を狙っていたのですが、途中で方針変更してシルバーに。
私には白はなんとなく眩しすぎました。
でも、白は好きです。

 先々回より書いております、ヴイッツチャレンジをはじめたのには、2、3理由があります。

 これから先数年は、車趣味への資金が本格的にない、という話になったら、減車か車趣味を止めることになりますが、

スポーツ走行を諦めるのか?と考えた時に、そこまで差し迫った時に、走れるなら車はなんでも良いなと思いました。

できるだけそうならないように頑張るつもりですが、

ヴイッツか318かどちらかを取ることになったら、私はヴイッツを取ります。
 もしくは、2台とも手放してATの安い車を買います。
子供達がMT乗らない可能性が高いので、2台維持できないなら仕方がない。

 

 

 我が家ヴイッツは、元オーナーの父が高速ベースで使って来た車で、我々も管理には気を使って来たので、19万キロでも調子は悪くないです。
他のATを探してくることにはならない可能性のほうが高いです。
そもそも、車を買うのは、どんな安い車でも最低限かかりますし、安い車には理由があります。自分の場合なら、初期投資の分も含めたら、結局今あるものを直した方が経済的となるでしょうね…

そうやって、幾つもの妄想がしぼんで行きました(笑)

 まあ、自分は、この経済状態が一生続くわけではなかろうと信じて、せっかくこだわりがないのだから、使えるものを使い倒して遊んでみようと思ったわけです。

そんだけ精一杯やって、どうしてもダメなら、はしらなくてもやれることもあるし、そのためにも今少しでもうまくなりたいです。

 

 

 

 

 車趣味に、好みはつきものだと思っています。車趣味は文化でもあるなと思っていて、私はその部分では特に知らないことだらけ。
特にこだわりがない、と言えば格好がつくのかもしれませんが、実を言うと知らないからこだわりがないのかも知れません。

 

好みがないわけではないが、こんだけ頑張っていて、こだわりがないのも、内心かなり寂しい。時々それで泣けてくるくらい悲しいと思うこともあります。

でも、自分に問い直すと今のところこだわりがない。正常に動くことが1番嬉しい。


でも、そういうことなんだと思います。
好みがある人は羨ましいし、それは人それぞれですよね。みんながコースインしたらルール守って精一杯走ります。それだけでいいような気がするんです。
その人にとって必要なもののために一生懸命ならそれで良いと思います。

かかる金額もかけられる金額も違うから。
結果は必ず自分に返って来るし、腕と車と目標のバランスが最も大事で最も難しいと思います。

今私には自分のそれがあんまりわからない。すごく不安ですし、足場がない感じがします。でも、やりたいなら経験を積むしかないことですから…。

 

 


ユイレーシングスクールに行くと、すごい車もたくさん来ますが、普通の車、ワゴンとか軽も来る時は来ます。
主催者からも、なんでも来いと公言されています。
車が遅くても、受け入れてくれる空気があります。


かっこいい車、ポテンシャルの高い車も良いなと思うし憧れます。
どうしようもなく心がざわつく時もあります。

その反面、普通の車でサーキット走る人がいても面白いとも、思うんですよね。
車にかけるお金が少ないからと諦める前に、最低限の装備でお金をかけずに細々と続けるという選択肢を実現できないかと。
将来ピッコロ車ばっかり集まるカテゴリがあっても面白いと思いますしね。

ピッコロで腕を磨いて、いつか好きな車を買うぞ!って頑張れば、きっと将来、スンバラシイ車に出会えるのでは?
そんな野望(笑)

もちろん、車にしろ、パーツにしろ、良いものは良いです。私だって少しは投資してみたこともあるので、良さはわかります。
高次元のバランスもあるだろうし、普通のバランスもあるのだろうと思います。

いろいろあるから面白くて、それが混走でもある程度お互いに向上を望めるというのは自分にとっては吉報でした。

 

 

ブログ開設以来、かなりハイペースで飛ばしてきましたが、そろそろ落ち着こうと思っています。もう少し淡々と、出来事を綴っていこうと思います。

毎度毎度長い文章にお付き合い頂きまして、感謝しています。

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジワリます。

ヴイッツチャレンジから3日経って、なんだか無性に悔しくなって来ました。
ああもできたんじゃないか、こうもできたんじゃないか。
あれは正解だったのか、もっと頭の中が整理できなかったか、ふた枠走れたらなあ…とか。
いや、いろいろ試したりとかするからはっきりしないまま終わるんだよ…

キリがないから、すぐに考えるのをやめました(笑)
考えるのは次にどうするか、でいいです。
スパにし逆周りに関してはとりあえず大筋こうかなというのはできたから、次の機会を待ちます。

 

f:id:mamogame:20170615092652j:image

 

 

 

 無駄にアンダー出てたところもあるし、自分は荷重移動を積極的に使うことが、何に乗ってもまだできていない。

確かに、318もそれをするのは難しいのかもしれませんが、少し前回から良くはなって来ています。

以前、師匠の後をついて走った時にどうして同じラインを取れないかと思って、多分そこだと思っています。

してはいけないことは大体していないけれども、したほうがいいことができていないです。

 

どうしたらできるのかを、やってみようと思うのです。

そのほうが、もっと自由にのびのび走れる予感がします。

 

 CVTヴイッツで走ってみて、なんていうんでしょうか、それなり(車なり)に走ることの楽しさとそれがどういうことなのか、思うところが多かったです。
なんかジワっと思うところがあります。

言葉で言うのは難しいとこも多いですが、

足車だから負荷はかけすぎたら壊れるかもしれない、壊したら本来の目的への資金が削られる。

でも遅すぎるとつまらないから頑張る。

そういうプレッシャーだと、できることはより正しく走る事のみ。

 

 でも、遅くても言い訳たくさんあるし(笑)

気軽にチャレンジできました。