カメだって全速力

運転の面白さに気がついてしまったシュフの、クルマと日常とスクールでの出来事を綴ります。

交差点をカッコよく曲がりたい

 昨日の晩、ヒール&トゥのことを書いていて思いました。

 

ユイのオーバルでは自分の車と走りだと、3速を使うかどうか微妙なところで、基礎練習がしたいので3速使用(=要シフトダウン)は2速オンリーで周回速度が上がったらでいい、ということにしていました。

 そういうわけであまり練習する機会がなくて、通常のオーバルよりも最高速が上がる「トライオーバル」というオーバルを走った時に3速が必要になり。

そしたらどこでシフトダウンするかがしっくりこなくて、1日じっくりやって、ターンインの時間軸整理をしましたっけ。

(ユイのオーバルは進化していて、最近1番直線が長いオーバルがスタートしているそうです。早う復帰したい)

 意外と小心者なところもあって、いざサーキット、いざオーバルとなるとできるはずのことができなくて苦しむのが現状で。

 

 交差点の曲がり際にカッコよくシフトダウンできたら。

それが15年前の自分が思っていたことです。

昨日書いたように、公道ではヒール&トゥは特に必要ない、自分ではそう思っています。

それは、コーナリングの考え方が変わったからかもしれません。

だけど、やっぱり日常でもぶぅん!ってやりたいよな気もします。

 

最近になって改めて思ったので、長い前置きとして、ちょっと踏み込んで書きます。

私自身の経験上の話です。スポーツ走行に興味のない方はm(_ _)m

伝わらなかったらm(_ _)m

 

結局サーキットも公道もある種共通で、

「速く走ろう」っていう思いで曲がり角のギリギリまでブレーキを踏まないで、最後にブレーキをキュッと踏んで前がかりでエイヤとステアすると、確かに曲がれるのは曲がれるし、アンダーやオーバーに陥ってはいないのですが、

旋回している何処かで旋回の流れが詰まるような、そういう瞬間が出てきます。結局それは旋回途中で失速しています。自分は以前そういうふうでした。誰に教わったわけでもなく、気づいたらそうなっていました。

ぎこちない旋回になって、ロールした荷重がセンターに戻ってくるのが遅れて、立ち上がりの加速が悪かったり。

(公道でも低い速度で、大げさにやればそういう風になります。危なくないように周囲を確認した上でです。)

 

それは減速をギリギリまで遅らせた時と同じです。

前掛かり過ぎでターンインして旋回途中に失速する分

立ち上がりの姿勢回復が遅れて、四輪でステア真っ直ぐでフル加速に移るのが遅れた分で出てくる加速の鈍さ(=これも失速と考える)の分

 

この2つの失速を、例えば減速を1〜2秒我慢して遅らせたとして、

その間の加速分で越えられるか?

習いはじめてしばらくしてそう考えるようになりました。

 

気持ちの上ではブレーキを我慢したほうが速くなったような気が、これを考えていても少しします。追いつきたい(離されたくない)相手があるときはなおさらです。

相手のお尻ばかりを見ていると、無意識にブレーキが遅れていきます。

 

思い切って自分の気持を抑えて、ウソだろうっておもうくらい手前で減速の作業をはじめてみたら、これほど心地よい旋回ができるのだと思うくらいの旋回感があじわえて、加速に移れるのが速く。

 

時間は少しかかりましたが、結果的にタイムにしろ何にしろ、損なわれることはなく、むしろ、オーバルやサーキットで、自分がミスをしなければ、スペック的に少々上の車にも、コーナー出てすぐには置いていかれなくなりました。

 フジのショートコースでのスクールレースではスペックが高い車とも混走でしたが、中盤1番走りが良かった時、コーナーの手前と出鼻で前との距離が変わらなかった時、心がそわぁっととしました。すぐに気持ち切り替えないと、次のコーナーでミスして失速なんですけどね(笑)

コーナリングスピードはポルシェもロードスターも大きくは変わらない、だから相手がミスをすれば形勢が変わる。

時折聞く話です。

 

ブレーキのタイミングだけでなく、ターンイン作業やブレーキペダルの踏み方等々も指導を受けて変えていった上での話です。実感すると納得できました。

スロットルを開けて入る高速コーナーでも、この流れがあるからこそ思い切って高い速度で入れます。(プロのレーサーの車は、車の方を作り込んでいくので、一般車とは操作が異なってくる部分があるそうで、激しい操作でも大丈夫な場合とかあるそうです。)

 

これが、自分がタイヤやブレーキをランクダウンしてもスズカで以前と同レベルのタイムが出たゆえんだと自分では思っています。それが正解かは特に確かめていませんが、自分がやってきたことはそれだけです。まだ改善点はたくさんあって、だからタイムとしては大したことではなかったのですが(泣)

 

 

 

っていうのを踏まえて、交差点をどうカッコよく曲がるか。

 

アウトインアウトで走れるわけでもなく、強いブレーキを使って急減速したら自分が止まれても追突されるかもしれないし、後ろの人に怖い思いをさせます。

歩行者など自分が見落としていない確証はないし、昨今ママチャリも速い人は速いから事前に視野にない所から出てくることもあり得ます。

人や車が多いところではそもそもゆっくり走ろうとしたほうがストレスないです。

もし周囲が見通しが良ければ、速さよりもスムーズさを味わいたい、失速感のないコーナリングをやってみます。

 

減速は早めです。失速したくないのだから、公道レベルでそのまま最後まで行ける速度まで落としてから余裕をもってシフトダウン。ブレーキは踏んでいないから、スロットルをちょいとあおって(笑)なんちゃってヒール&トゥ。

これを繰り返していれば、必要になった時のイメトレになります。

 

しかし、車来たら、この先楽しみだけど、大変だなあ。

完成してないもの(操作)をまた最初から組み直すようなことになりそうで、スペックに沿う走りができるまでには時間がかかりそうです。

言い訳きかんしね(笑)

プライドなど最初からないから(あんまりないのも進歩がおくれるんだす)、ぼちぼちでんなあ。

先日来、まずは318のお嫁入りに向かう作業をえっちらおっちら。(旦那様ぁ、ありがとうです。)

今日はヴイッツくんを、ひと夏お疲れ様と、きれいにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく質問を受けること

 今まで、いろんな所で「どうしてそんなに運転が好きになったの?」という様な質問を受けました。いつも答えに困るんですよね(笑)

楽しいから、としか言いようがない(笑)

それでもあえて振り返ってみます。

 そもそも、24歳で車好きの人と結婚して、家庭に一台あった車はマニュアルの元年式ロードスターでした。

運転するしかないでしょう(笑)

運転免許がマニュアルのみだったころの最後の方の免許取得者ですが、免許取ってからマニュアルは運転したことなかったんで、苦労して運転できるようになりました。

 

 そこから車遍歴が続いていくわけですが、出産や育児もあって、ATのみになった時期もあって(夫婦でマニュアルの禁断症状がでた)、その反動もあって、マニュアルが豊富な輸入車街道を行くことになります(夫は多分元々輸入車乗りたかったでしょうね)。

 今の考え方で行くと若干間違っていたなとも思うのですが、マニュアルのほうが操っている感があって好きでした。

今はATならATで、どうやったらクルマと折り合いがつけられて上手く走れるか、ということが面白いので、マニュアルに暫く乗らなくても禁断症状は出ませんし、自分レベルならなおさら、ATだから遅いということでもないしなと思っています。

単純に趣味趣向としてはマニュアルのほうが好みです。

 

 最初にヒール&トゥという言葉を知ったのは、アルファの155 8Vに乗っていた時に、曲がり角をカッコよく速く曲がってみたくて、シフトダウンするのにそういうテクニックがあるとどこかで見たときです。15年ちかく前だと思います。

それが動かすだけでなく、運転を楽しみたいと思った最初のきっかけだと思います。

ちーっともできてませんでしたけどね(笑)

(今思えば、公道ではブリッピング程度で用が足りるし、そのくらいで抑えておかないと。サーキットでのヒール&トゥはなんかまだ下手くそだなあと。)

その後7〜8年はヨメとして忙しすぎる日々を送り、移動にマニュアル車が使えるだけでシアワセ、それが支えの日々。

 

 いろいろ一段落しそうだった10年ほど前に、思い切って自分の「欲しい」でフィアット・プントアバルトを買ってしまって(笑)

子供が小学生の中学年になって、空き時間が少し出来て、空いた3時間とにかく走って。そんなふう。

オイルを変えると走りが変わる事が面白くて、オイル管理にハマったり、10年落ちのイタ車は相応に壊れるので、直してもらったあとの感触が変わるのが楽しくて、とにかく「感触」に魅了された日々。

 操作、を知らないな…もっと大きな車に乗ってみたいかな。

 

 

5年前、へそくりはたいて318購入。

「操作からの、感触」にハマったのでしょうか。

そして今、家族に借金してまで、クルマを。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感謝です

 昨晩は我が家ににわか赤ヘルが何人も生まれました(笑)惜しかったですね。

 

 先日の新相棒決定に始まり、昨晩は良い話がポンポンと飛び込んで来て、周りの方に感謝感謝の夜となりました。

 感謝の思いはまた改めて、相対してお伝えしていければと思っています。

いろいろ頑張ってきてよかったなあ、と思っています。

ただ、今までの頑張り方というのは、ウンウン苦しみながらひとりよがりな方向へ向かって行くこともよくあったなと、思い返すと感じています。

 

もっと肩の力を抜いて、広く周りを見ながら、楽しく走っていければ、そんな風に思っています。

 

 

 

ご厚意

  台風がやってきています。

家族各々、連休中に同窓会やらなにやら予定があったのですが、みんな中止です…。

 

突然ですが…突然、新しい相棒が決まりました。

「ご厚意」としか言いようがありません。

詳細はどう書いてよいやら、私ではわからないことがあるので控えますが、お店とのご縁を大事にしてきてよかったなあと、改めて思っています。

詳しいことは、実際納車になったら。

もったいつけてますね(笑)

でも、ちゃんと手にして、改めて最初の印象を整理してから書きたいです。

 

ご厚意に甘えてほんとに良いのかなあ…というのが正直な気持ちですが、昨日の晩あたりから、じわーっと嬉しさがこみ上げてきました。

 

今まで、一緒に走ってきてくれた318は、近いうちに手放すことになります。

残念ですが増車は私には無理です。

資金もないですし、物をたくさん持っていても上手に使えない人間です。

318を手放すことは、自分にとっては負い目が残りそうです。

とても言葉では言い表せません。

車は物で、それ自体は心を持ちませんが、318は車との付き合い方を身をもって教えてくれる存在でした。318にかぎらず、物や植物は、先生だなと思います。

車の価値をどう見るかは、本当にニーズと人それぞれの考え方の問題ですね。

私がここでこれ以上書いてもいけないと思います。

流れに任せます。

今度の相棒とは、もう少し長い付き合いになれるようにしてみようと思っています。

 

その負い目と共に、やっぱり嬉しさがあります。

っていうか、ほんとに頑張らなきゃ。

借金だし。

パワーアップだし…。

でも、何よりも車種選定の決め手になったのは、持っているだけでも楽しくなれそうだったからです。

 

 

 

なに着よう^_^;

夜は涼しくなって来ました。

そろそろ秋からなにを着れば良いか考えていたりするのですが、今年は困っています。

流行のものが自分にはなんだかフィットしてこないのですよねえ(苦笑)

 

まずウエストインがおばさんにはハードル高く(・_・;

スカーチョ、ワイドパンツなどは、嫌いではないが、とにかく運転しづらい。

流行のものは丈が長いし。

丈の短いスカートは、ダイコーンなマイレッグスを世間に晒すので避けたい^_^;

 

結局できるだけ手持ちのもので、ジーンズかワイドでないパンツスタイルを目指す事になりそうです。

 

装いまで運転中心になっていて、あまりにも飾らなくなるのもあかんなあと思っていますが…

 オンナヲ ステテイル訳デハ ナイノヨ…

 

苦楽、明暗、決断、前進 な人生。楽しもうぜ!

 あの秋の空は何処へ、とっても蒸し暑い!

暑さ寒さも彼岸までって、本当だなあ。

わかっていても気候に一喜一憂してしまう(笑)

 

 ここの所、とにかくヴイッツばかり乗っている。サス交換したのが馴染んできて車の動きが良くなった。

国産CVTは楽しいかといえば楽しい。

不満がないかと言えばある。

  自分にとって、近距離で楽しく運転はできても、サーキットで走らせることはやろうと思えばできても、乗り味、持ってるということの楽しさという意味では、趣味のクルマにはなり得ないような気がする。

ただ、必要なことは間違いがない。

一番大事なのは日常生活、それは一般人な私にはとても大事なこと。

 

318を先日、半島周回に連れ出した。

味わいという意味で、40キロでも楽しいのはこっちだ。

 

実は、細切れの空き時間にボンヤリ考え事している。

悩みなんてほんとは尽きない。

気づいたら居眠っているけどね(笑)

週5で4時半起きはツライ。

 

ワタシはそんなに車が好きなのか?

いまさら(笑)

ほんとに今更だなあ(笑)

あんたは車で何がしたいんだ?自分に問う。

 

 きっとパドルで操作して、車がシフトチェンジする方が私よりも上手なんだろうし、イセッタのEVとか、コンバートEV積んだ*メッサーシュミットとかの情報をみると、欲しい旧車にそういうのが出てこれば、それも将来ありかな(値段は度外視の妄想)と思うけど、まだクラッチペダルは踏みたい。

CVTヴイッツに乗っていると思うけど、一生アナログにこだわれる立場にない。

それは私よりももっと思い入れがある方がすべきことなんだなと思う。

 ガソリン燃やして一部アナログな操作系を楽しんでいるけれど、いつかは、何なら妥協できるか、という選択をしなければいけなくなる。車を変えるたびにアナログが少しずつ減っていく。

選べる幅も、すでに10年以上前から減っている。ため息は今更つかない(笑)

 

 

 

競技として車を運転したいかどうかは、まだほとんどやってみたことがないからわからない。

 ユイに復帰をできたら、まずはスクールで車とナカヨクなって、オーバルレースに参加してみたい。きっと最初は車がどうであれ動くパイロン(笑)だけどね。

走りが安定していれば、動くパイロンにもひとつ意味があるとは思うけれど…

 一応一般的な女の子としての人生を歩んできたので、競争するとか、負けず嫌いとか、そういうことを考えたことが無かった。同性のそれには大体勝ち目も興味も無かった。

 

 レース…適応できるかちょっと不安だけど、やってみないとわからないから、日本で一番敷居の低いと主催者がいうレースに出てみたい。やるなら速く走ろうと努力する。

 

目指す車は決まったけれど、詳細は今はここでは内緒。諸々うまくいって、現実のものとなった時に書きたい。

今は諸々心配で、更年期もあるのか?(笑)

余計に眠れない。おかしな夢を見たり。

私、ちっさいな(笑)

 

 

車を持っている、日常運転している。

日常が楽しい。

欲を言えば、車内、車外のデザインが気に入っていれば嬉しい。

家族が楽しく乗ってくれるのも大事。

素でソコソコの動力性能。

 

自分にとっての条件はそこだったような気がします。

 

 

これから大変だ…

決めたんだから、なんとか乗り切らなきゃ。

眠れなくなってる場合でないな。

 

まさに独り言でごめんなさい…。

 

 *メッサーシュミットの車

元々は飛行機を作っていたところが作った車。

個人的には〇〇と呼んでいます。

これにコンバートEVを積んだ方がいらっしゃるらしいです。

f:id:mamogame:20170912124008j:image

f:id:mamogame:20170912124015j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ユイレーシングスクールに通い続けるワケ〜その3〜

f:id:mamogame:20170908102535j:image

雨上がりの抜けるような青空です。

 

  9月にはいり、主婦にとっても大変な夏休みも終わり。(介護のヘルプのピークのひとつも夏なんです)

なんだかどっと疲れが出て、どんよりした一週間がすぎつつあります。

ちょっと元気になってきました。

 

 先日来書いている決断で新しい車を探すことにして、資金の道筋だけはなんとか確保して。

代わりに、しばらくサーキットやスクールに行かずにお金をプールしなくてはならない。

 そういう状況になって改めて、318と走ってきた5年間、ユイレーシングスクール漬けになった2年間を思い返しています。

 

  楽しかった〜!

もっと走りたい!

もう今、大概どんな車でも、車が10センチでも動けば楽しいです(笑)

できるだけ早く、スクールもサーキットも復帰できるようにしたいです。

 9月にあと1回くらい、318でサーキット走ろうかなとも思ったのですが、いろんな思いがあって、8月のスズカが最後ということにしました。

自分の場合は、318に乗ったのでサーキット行こうと思えたし、慣れてなかった長距離の御殿場までの往復も318の快適性のおかげでできました。本当に車のおかげでここまでやれたと思います。

 

さて、ユイレーシングスクールに通い続ける理由その3と銘打って書いているのですが、改めてその1とその2を読み返してみたり。

人に自分の思いを伝えるのは本当に難しいです。

 

免許を取って30年近く経ちます。

MT乗り始めて20年。

ユイに通い始めて脳内革命が起こりました(笑)

もともと物理とか数学とかメカなんてちっともわからないし、未だにそれは大きくは変わらないけれど…

 

前輪はどこで感じるか

後輪はどこで感じるか

ブレーキの効き感

加速感

失速、アンダー

空気圧管理

接地圧感

前後荷重

 

そういうものに意識がいくようになりました。

もともと感じてたものに、ユイで教わって意味付けをしたものもあるし、知識として聞いたことで、感覚が後からついてきたものもあります。

まだまだ自由自在にはほど遠いのですが、そういう感覚を使って、日常でも車に乗せられているのではなく、操縦を楽しめるというか。

 

 足先ひとつ、少しのステアリングの切り角の違い、操作のタイミングの違いでも、車の通るところが変わってくる、のが面白くて仕方がないのです。

 

私はいろいろ理由があって、ちょっと進歩が遅いような気もしますが、もっと自由に車を動かしたいし、まだできてないことがいっぱいあって、もっと楽しい思いができると思っていて。

やめられまへん(笑)

今まで通りとは行きませんが、何かしら続けていく方向を見つけます。